トップページ | 展覧会情報2022~2023 »

2021年2月28日 (日)

大場再生 略歴

1952:富山市生まれ

1976:多摩美術大学デザイン科グラフィックデザイン専攻卒業

1982:独立展出品(‘90独立賞、‘91‘92奨励賞、‘94会員推挙)

1991:文化庁主催現代美術選抜展(全国巡回)

1995:個展(せんたあ画廊、以後2015年まで隔年開催)

1997:「木の会」(鈴木美術画廊、、以後毎年出品)

2002:「東日本の美~山」展出品(東京ステーションギャラリー)

        第5回人間讃歌大賞展・優秀賞、第20回伊豆美術祭・特別賞

         個展(光画廊、‘04)

2003:EVOLUTION16(~2015年まで、 日本橋・大阪・名古屋髙島屋、毎年出品)

        文化庁派遣芸術家在外研修員として渡英

2005:個展~揺れ動く光の中で(横浜髙島屋)

     北海道現代具象展招待出品(北海道立近代美術館ほか、‘12)

2006:「出会いの翼」展(日本橋三越本店)

     個展~風そよぐ(蓼科高原バラクライングリッシュガーデン)

2007:個展~光の記憶(日本橋髙島屋)

        文化庁芸術家在外研修員制度40周年記念「旅」展(国立新美術館)

2009:個展~光の言葉(横浜髙島屋)

2010:「輝け独立展」(日本橋三越、‘11・‘12)

2012:個展(銀座ギャラリームサシ)

     個展(せんたあ画廊)

2013:個展(日本橋三越、JR大阪三越伊勢丹)

2014:多摩美術大学統合デザイン学科教授に就任

     個展~光の伝説(日本橋髙島屋)

2017:個展~光の調べ(日本橋三越)

     文化庁在外研修制度50周年記念展(日本橋高島屋・ほか全国巡回)(2017~2018)

2018:個展~ヴェニスに魅せられて(横浜・AKIRA-ISAO画廊)

2020:個展~光のまなざし(日本橋三越)

     多摩美術大学教授を退任

現在: 独立美術協会会員、日本美術家連盟会員

◎刊行物:「スケッチ入門コツのコツ」(NHK出版)

             「水彩は、たのしい」(如月出版)

◎作品収蔵:佐久市立近代美術館

                東京ステーションギャラリー

                北里研究所

        市川市

               ロッテルダム・ワールドミュージアム

 

 

トップページ | 展覧会情報2022~2023 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大場再生 略歴:

トップページ | 展覧会情報2022~2023 »

無料ブログはココログ